男性

日本語を教えるための勉強

勉強

日本語の基礎から教授

日本語教師の講座は、どのスクールでもほぼ同じカリキュラムに従って指導が行われます。現在の所、日本語教師になるためには一定の課程を修了する必要があり、講座も基準を意識した内容です。文法や発音などの基礎的な内容はもちろん、外国人に教える際に必要になる心理学についても日本語教師の講座では学びます。言語を一から教える際には、相手のバックグラウンドなどを理解する姿勢が必要です。心理学を学ぶことで、このような理解力が養えます。授業計画の立て方も、講座を受講すると自身で考えられるようになります。日本語教師に求められる様々な要素を短期間で学べるのが、講座の特徴です。授業でどのような教材を使用するかは、日本語教師にとっても1つの問題ですが、講座ではそういった教材の選び方や使い方なども一通り学びます。外国人に日本語を教える際には、学生とコミュニケーションを取る必要があります。このような状況は、日本語と外国語を使い分ける場面も出てきます。あらゆるシーンに対応出来るよう、スキルを磨くのも講座の目指す所です。日本語教師から直接アドバイスを受けるといった授業が講座には盛り込まれます。実習という形で、教師や学生と場を共にするのもカリキュラムの一環です。就業に関するガイダンスも一部含まれていますので、実際に現場に出るに当たっても参考になる内容となっています。他の講座に比べて、所定のルールに従って進められていくのが日本語教師の講座の特徴です。