女の人

教員免許は不要です

レディ

日本語の知識が必要です

日本語教師は、日本語以外の外国語を母国語として話す外国人に日本語を教える業務を行っています。日本語教師は日本語学校やスクール等の教育機関で主に仕事をしていますが、教育機関以外の民間企業でも働いています。発展途上国などでは、日本に興味を持ち、日本への留学するために日本語を学習したいと希望する者が多数います。日本語教師になるには教員免許の必要はありませんが、日本語の知識や指導方法を取得する必要があります。日本語教師は、日本の文化やマナーや歴史や生活習慣などの知識の教える場合があります。日本語教師の募集条件には、一定の資格や研修修了等が条件になる場合があります。日本語教育能力検定試験は、通信講座を利用して日本語教育の知識を学習するものです。テキスト等を使用して、日本語の知識を学習して、年1回開催される資格試験を受験するものです。日本語教師養成講座420時間コースを修了することで、日本語教師となることができます。この日本語教師養成講座420時間は、文化庁が定めた日本語教師養成の標準的な教育方針に沿った講座です。多くの専門学校や語学スクールでは、日本語教師養成講座420時間を開講しています。講座の開講期間は専門学校によって異なりますが、1年から1年3か月程度となっています。最短では、6ケ月の講座も開講されています。専門学校や語学スクールを選ぶ際には、事前の下見や体験講座の受講を行う必要があります。

勉強

日本語を教えるための勉強

一定のカリキュラムに沿って行われるのが、日本語教師の講座です。文法や発音、心理学などがカリキュラムに含まれており、日本語の教授を円滑に出来るような内容となっています。現場で活躍出来る力を身に着けることが、講座の目的です。

教材

自分の言語を伝える仕事

日本語教師が世界で日本語講座を行うことの意義は、日本語を理解できる人が増えれば、日本的な考えを理解してもらえるので、個人対個人の付き合いにとどまらず、外交でもビジネスでも日本側の要求が通りやすくなります。日本語講座を通しての日本語の普及は今後も推進すべきです。

婦人

活躍を目指すには

日本語教師は外国人に日本語を教える立場として、正しい日本語能力や的確な判断が求められます。それを養成する講座には、教育実習などの課程も充実しているので、すぐに現場で活躍できる能力が身につきます。将来的な進路に対してもアドバイスしてくれるため、信頼のおける学習を受けていくことができます。